本当に幸せ?「アーリーリタイヤ」の理想と現実~ハッピーリタイヤ入門(中)=俣野成敏 – まぐまぐニュース!




今回は「リタイヤ」特集の第2回目をお送りします。前回の記事では、これまで機能してきた日本の社会保障システムが限界を迎えつつある現状と、「老後とは一体何か?」というお話をし、「労働収入がなくなり、寿命が尽きるまでを老後」と定義付けしました。本記事では、多くのサラリーマンが憧れている「アーリーリタイヤ」を中心にお話することにしたいと思います。(俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編

プロフィール:俣野成敏(またのなるとし)
大学卒業後、シチズン時計入社。リストラと同時に公募の社内ベンチャー制度で一念発起。31歳でアウトレット流通を社内起業、年商14億円企業に。33歳でグループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。著書に『プロフェッショナルサラリーマン』『一流の人はなぜそこまで、◯◯にこだわるのか?』などベストセラー多数、累計34万部超。2012年に独立後は、ビジネスオーナーや投資家として活動の傍ら、私塾『プロ研』を創設、マネースクール等を主宰する。『MONEY VOICE』のほか『リクナビNEXTジャーナル』等にも寄稿、メディア掲載多数。『まぐまぐ大賞2016』で1位(MONEY VOICE賞)を受賞。

※本記事は有料メルマガ『俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編』2017年10月5日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

超高齢化社会での幸せな老後(中)「早期リタイヤ」の傾向と対策

サラリーマンを辞めるのはなぜ怖い?

人間にとって、お金がどれだけ大きな存在であるのかを示すよい例があります。これはある起業家が、自書の中で述べているエピソードです。

私がこれまで人生で一番不安を感じたのは、本格的に起業家になるために会社を辞めた日だ。明日からもう給料はもらえない。健康保険も年金もない、病気欠勤に対する保障もなければ有給休暇もない……。

会社を辞めた瞬間に、私は他人に雇われている多くの人がなぜ起業家になろうとしないのか、その理由がわかった。それはお金がないことに対する不安だ。収入が保証されていないこと、安定した給料のないことに対する恐怖だ。お金がない状態で長い間持ちこたえられる人間は非常に少ない。

出典:ロバート・キヨサキ著『金持ち父さんの起業する前に読む本』

上記は、金持ち父さんことロバート・キヨサキ氏が起業家としての第一歩を踏み出した時の様子です。キヨサキ氏のように、幼少の頃から起業家になるべく教えを受けてきた人でさえ、サラリーマンを辞めた時にこのように感じたというのですから驚きです。それだけ私たちは「お金がなくなることに恐れを抱いている」ということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

「念願叶ってリタイヤした後」の先にあるものとは?

世の中の多くの人が、「お金持ちになって南の島でのんびり、何も考えずに暮らしたい」と思っているようです。だったら、仮にそれをある日、とうとう実現できたとしたら、その先には何が待っているのでしょうか?

昨年(2016年)発売され、話題を呼んだ清武英利氏の『プライベートバンカー』。金融都市・シンガポールを舞台に、普段、伺い知ることのできない富裕層の生活ぶりや、彼らの資産を守り増やすことを任務とするプライベートバンカーの知られざる世界を垣間見ることができます。

物語の中では、世界一高い日本の相続・贈与税を逃れようと、多くの日本人がシンガポールに居を移し、ほとぼりが冷めるのを待っている様子が描かれています。たとえばある富豪は、毎朝、起きて「何もやることがないことに気づくのが、もっとも怖い瞬間だ」といいます。

その他、現地に溶け込めず、日本人が経営しているおでん屋で寂しく酒を飲む大金持ち。家族を日本に残し、一人異国の地で暇を持て余している元メーカーの会長等々。一言で言うと、人生に飽きてしまった人たちです。

かつて、日本には「相続人、被相続人がともに国外に5年以上居住すれば、海外の財産には相続・贈与税がかからない」という5年ルールが存在していました。

しかし2017年の4月からは、これが“10年”に変更になっています。それまで「何とか5年頑張れば」という人が結構いたようですが、10年となると、下手をすればそのまま異国の地で骨を埋めることになりかねません。

成功して、お金の不安もなくなったはずの人たち。念願叶ってリタイヤしたはずの彼らですが、必ずしも悠々自適とはいかないようです。

Next: アーリーリタイヤは「バラ色の世界」ではない。失敗事例その1









こんな記事もよく読まれています



コメントを残す