[香港編]LCC利用客の特徴 ちゃんと理解してますか?香港人のLCC利用客の4人に1人は20代女性 知っておくべきデータまとめ – エキサイトニュース



以前の訪日ラボの記事でもご紹介したように、近年、インバウンド業界で注目を集めている LCC(Low Cost Carrier:格安航空会社)は、韓国や台湾、香港などアジア圏の主要訪日国の間でも人気の訪日手段となっています。

LCCで訪日する香港人観光客には、FSAで訪日する香港人観光客となにが違うのでしょうか。 観光庁の「訪日外国人消費動向調査・トピックス分析」をもとに解説していきます。

韓国では6割超 アジア圏の訪日客の間で高いLCC利用率 訪日客数の増加とも影響する?改めて考える「LCC」と「インバウンド」の関係性 | 訪日ラボ

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

  • 調査・リサーチについてより詳しい資料のダウンロードはこちら
  • インバウンドデータについてより詳しい資料のダウンロードはこちら

若い香港人の女性はLCCの利用率が高い傾向に:LCC利用の訪日香港人 4人に1人は20代の女性

LCCを利用して訪日した香港人の性年代別割合(平成28年1-9月期):国土交通省:地方空港におけるインバウンドの概況より数値を引用してグラフ化

LCCを利用する訪日香港人の特徴として筆頭に挙げられるのが、若い女性が多い という点です。

上記のグラフは、2016年の1月から9月の間にLCCを利用して訪日した台湾人を性年代別に表したものです。約25%が20代の女性 となっています。男性においても20代が占める割合がもっとも高い 結果になりました。全体の約15%を占めています。

年代が若い訪日客層は一般的に流行りに敏感であり、SNSなどを通じて観光地の情報を積極的に発信してくれる 傾向があります。訪日韓国人はリピーターが多いことに加え、地方の訪問率も比較的高いので、LCCの利用客層の集客・誘致は地方の自治体にとって大きな意味を持つでしょう。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す