80.9%のイタリア人は旅行会社を使わずに訪日している:欧州圏4位のインバウンド数を誇る訪日イタリア人 誘致・集客する際に抑えておくべき10個のこと – エキサイトニュース



人数から言えば日本のインバウンド市場最大のターゲットになっている東アジア出身の訪日外国人観光客には負けますが、旅行支出額が大きいことからヨーロッパ諸国出身の訪日外国人も日本のインバウンド市場にとって魅力的なターゲットになっています。

今回は、 訪日イタリア人のインバウンド市場 の特徴を観光庁の平成28年における訪日外国人の消費動向に記載されているキーワードとなる数字とともにご紹介します。

宿泊に1番金を使うのがスペイン人で、飲食費が最も高いのはオーストラリア人…インバウンド消費項目・国籍別でみる訪日旅行の楽しみかた | 訪日ラボ

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

  • 調査・リサーチについてより詳しい資料のダウンロードはこちら
  • インバウンドデータについてより詳しい資料のダウンロードはこちら

119,251人:2016年の訪日イタリア人観光客数

訪日イタリア人観光客数 2013年~2016年:観光庁「訪日外国人消費動向調査」をもとに作成

2016年に日本を訪れたイタリア人観光客の数は、119,251人 でした。

この数は、2015年と比較すると +15.6% の数となっており、グラフでもご紹介しているように順調に訪日イタリア人観光客数が増加していることがわかります。

69.2%:訪日イタリア人観光客のうち男性が占める割合

2016年の訪日イタリア人観光客 性別・年齢別割合:観光庁「訪日外国人消費動向調査」をもとに作成

2016年に日本を訪れたイタリア人観光客のうち 69.2%は男性 でした。

年代別に見ると、男女あわせてもっとも大きな割合を占めたのが、「30歳~39歳の男性」でした。(全体の26.4%) です。

その後は、「40歳~49歳の男性」(16.0%)、「20歳~29歳の男性」(14.5%)、「30歳~39歳の女性」(12.2%)と続きます。

訪日イタリア人観光客のうち 女性が占める割合は、約30.8% となっており、他の欧州圏出身の訪日外国人観光客と同じく、3割を占めるのみの結果に。




こちらもおすすめ


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す