40億人が視聴 2019年日本開催のラグビーワールドカップはインバウンド業界にとって東京五輪の前哨戦:今から知っておくべきラグビーとインバウンドの関係性 – エキサイトニュース



日本代表の活躍が世界中のメディアを賑わせた2015年のラグビーワールドカップから2年が経過しました。2015年のラグビーワールドカップにおける日本代表の活躍は、一時的に 日本にラグビーブームを引き起こし、 2015年の日本ラグビー最高峰リーグ「ジャパンラグビー トップリーグ」の観客動員数は 49万人 を記録しました。これは、歴代最多の数字 です。

しかし、昨シーズンにあたる2016年には再び観光客は、前年比3万人ほど落ち込みました。また、未だに日本人の90%がラグビーを観戦したことがないとのデータも存在 しており、ラグビー業界は、2015年のラグビーワールドカップ後の人気の回復に苦労しています。

このような状況にある日本のラグビー業界にとって、日本でラグビーワールドカップが開催される2019年は大きな意味を持つ年になりそうです。そしてそれは、インバウンド業界にとっても同じことかもしれません。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

  • 調査・リサーチについてより詳しい資料のダウンロードはこちら
  • インバウンドデータについてより詳しい資料のダウンロードはこちら

そもそもラグビーワールドカップとは? 4年に一度開かれるラグビーの世界大会

「ワールドカップ」と言えば、サッカーの方を連想しがちですが、ラグビーワールドカップも 歴史・人気ともに兼ね備えた世界的なスポーツイベント です。

ラグビーワールドカップは、ラグビーのナショナルチームの世界一を決定する世界選手権大会です。 第1回大会は1987年に開催され、そこから 4年ごとに開催 されています。前回大会では 全世界で40億人が大会を視聴 したとされており、世界中でのラグビーに対する関心の高さが把握できます。

ラグビーユニオンの国際統括団体であるWORLD RUGBYによると、ラグビー自体の競技登録者は、2015年に256万人から282万人に増え、未登録の競技者数は447万人から491万人に増えました。




こちらもおすすめ


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す