MKI、三井ガーデンホテルの客室テレビを活用した観光・インバウンド向けコンテンツ配信サービスを運用開始 – 産経ニュース



三井情報株式会社
宿泊客向けに観光名所や名産物の情報を提供

三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小日山 功、以下 MKI)は、三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安永 竜夫)の協力を得て、株式会社三井不動産ホテルマネジメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:足立 充)が運営するミレニアム 三井ガーデンホテル 東京(所在地:東京都中央区、客室数:329室)の客室テレビを活用させていただき、宿泊客向けに観光名所や名産物の情報を提供する、観光・インバウンド向けコンテンツ配信サービス(以下、「コンテンツ配信サービス」)を8月から本格的に運用開始しました。

各自治体・観光団体・地場メーカー他は、様々なプロモーション活動を行っていますが、観光客が実際に情報を入手する場所・方法はまだ限られています。一方、訪日旅行の需要増加に伴い、外国人観光客から観光・地場名産品等に関する問い合わせがホテルの受付に集中しています。

今回、MKIが提供開始する「コンテンツ配信サービス」は、ホテルの客室テレビを活用し、知られざる名産物や隠れた観光名所というシーズと、宿泊客が滞在中にその場所をより楽しみ、思い出作りをしたいというニーズをマッチングできるプラットフォームです。客室テレビに後付けStick型のスマートテレビ「Smartstick」を設置し、予め準備した観光名所や商品をクラウド上から配信し、画面に表示させます。クラウド活用により、コンテンツの入れ替え等も容易となります。宿泊客はテレビを操作する感覚で必要な観光情報を得るほか、画面上のQRコードを自身のスマートデバイスで読み取ることにより、メーカーの販売サイトに直接アクセスし、気に入った商品を購入することもできます。

このように各自治体・観光団体・地場メーカー他は、「コンテンツ配信サービス」を通じて、宿泊客におすすめの観光名所や商品を紹介することができ、宿泊客は、ホテル滞在時の隙間時間を利用し、気軽にお土産に最適な名産物や次の滞在先情報を閲覧することができます。

尚、本「コンテンツ配信サービス」は、サービス提供開始に先立ち、松山市役所と千代の亀酒造(本社:愛媛県)様他に既に利用いただいています。本サービスは月額20万円(税抜)より利用でき、まずはミレニアム 三井ガーデンホテル 東京よりサービスを開始し、今後対象ホテルを順次拡大していきます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/1519/62/resize/d1519-62-991208-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/1519/62/resize/d1519-62-206992-1.jpg ]

【関連ページ】
観光・インバウンド向けコンテンツ配信サービス
http://www.mki.co.jp/inbound-cds/

以上

【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)は、コンサルティングからシステム開発、基盤構築や運用・保守などITに関わる多様なサービスを半世紀にわたりお客様に提供してきました。合併10周年を迎えた2017年4月には新たに”デジタルトランスフォーメーションセンター”を設置し、お客様のビジネス創造を実現する新しいITサービスを展開しています。MKIは常に市場やお客様のニーズを捉え、蓄積された技術と知=KNOWLEDGEを駆使することで、新たなビジネスの創出と顧客への価値提供に絶え間なく挑戦し続けていきます。
ホームページ: http://www.mki.co.jp/

※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

【本製品サービスに関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社 商社・不動産営業本部 商社第二営業部
TEL:03-6376-1113、E-mail:sales@ml.mki.co.jp




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す