日本から世界へ…演劇界で進む海外戦略 言葉の壁超えるミュージカルを発信 – 産経ニュース



 2020年東京五輪・パラリンピックを控え、演劇界の海外戦略が本格化してきた。中でも、歌唱や踊りなどで物語を伝えるミュージカルは、言語の壁を超えやすいこともあり、訪日外国人客の反応も上々。日本でミュージカルを発信し続ける主要劇団に、今年の海外戦略の展望を聞いた。(橋本奈実)

OSK「芸者と侍」

 大阪を拠点とする女性だけのレビュー集団、OSK日本歌劇団(以下OSK)は、JTB西日本などとタッグを組み、訪日外国人客向け公演「REVUE JAPAN~GEISHA&SAMURAI」を大阪・道頓堀角座で開催中。訪日外国人客の「家族で夜に楽しむ娯楽が少ない」との声を受け、JTB西日本がOSKに持ちかけ、2年前から動き出した企画だ。

 OSKは昨年1月30日~2月4日、春節(中国の旧正月)に合わせ試験的に夜公演を実施。好評を得て昨年12月15日から、松竹と松竹芸能も加わった4社連携に府の助成も加わり、定期公演がスタートした。

続きを読む




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す