浜町公園で「大江戸まつり盆踊り」 中央区制施行70周年記念で – 日本橋経済新聞



浜町公園で「大江戸まつり盆踊り」 中央区制施行70周年記念で

中央区音頭「これがお江戸の盆ダンス」や浜町音頭など地元にちなんだ楽曲で盆踊りを行う

写真を拡大 地図を拡大

 浜町公園(中央区日本橋浜町2)で8月25日・26日、「第28回中央区大江戸まつり盆踊り大会」が開催される。主催は中央区。

公園内には「大江戸縁日コーナー」や「区内名物市コーナー」を展開

 今年は中央区制施行70周年記念として、区民のふるさと意識を高め地域を活性化することを狙って展開する。

 25日は16時から、オープニングパレードとして浜町囃子(はやし)山車を先頭に日本橋中学校による横断幕や木遣(や)り、 地元の日本橋・有馬・久松各小学校による子どもみこしなどが人形町から甘酒横丁を経由し、メイン会場となる浜町公園まで練り歩く。

 両日とも、同公園内の浜町運動場中央の特設大やぐら舞台では、中央区内の小学校を卒業した人は誰でも踊れるという中央区音頭「これがお江戸の盆ダンス」や小伝馬町音頭、浜町音頭など地元にちなんだ楽曲で盆踊りを行う。江戸消防記念会による「はしご乗り」「まとい振り」も予定する。

 同公園には地元町内会による「大江戸縁日コーナー」や「べったら市」「歳の市」「せともの市」などの屋台が並ぶ「区内名物市コーナー」を展開。公園周辺では中央区の友好・交流都市である東根市、福島県石川町や、区内にアンテナショップを構える福井県や島根県などのブースも出店。2日間で延べ6万人の来場を見込む。

 開催時間は16時~21時(盆踊りは25日=18時40分~20時55分、26日=18時15分~20時50分)。両日とも豊海区民会館入り口~浜町公園間をつなぐ無料バスを30分間隔で運行する(16時~21時30分)。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す